どうしても80万円借りたい時の【今すぐ80万円借りる方法】

今すぐ80万円借りるには

今すぐに80万円借りる時に役立つのが、当日申込でも即日融資可能なカードローンです。

すぐに80万円借りたい時の対処法は、申し込みをいち早くする!ということに尽きます。

審査は申込み受付順に行われる為、申し込みが夜になってしまった場合でも、先に申し込みをしておけば、翌日に審査が早く進むので、 現金引き出しまでの時間が短縮されます。

プロミス・アコムなら審査回答最短30分、最短1時間融資と土日の即日借入も可能です

【簡単】急いで80万円借りる流れ


今すぐ80万借りたい【厳選の2社】

安心大手/銀行系グループ

プロミス
※通信状況により表示に時間が掛かる場合があります
融資利率 融資限度額 スピード
4.5%〜17.8% 500万円 最短1時間借入可能
【最短30分審査回答】

WEB申込で最短1時間融資可能

はじめてなら30日間無利息※1

土日祝日も借入可能※2

カードレス/郵送物なし設定でバレない

安心大手SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※2 お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。


\!お急ぎの方は断然コレ!/

※通信状況により表示に時間が掛かる場合があります



アコム
※通信状況により表示に時間が掛かる場合があります
融資利率 融資限度額 スピード
3.0% 〜 18.0% 800万円 最短1時間融資可能
審査・回答
【最短30分】

14時までの書類提出で即日振込も可能

初めてなら最大30日間金利0円

スマホアプリで書類送付も簡単

三菱UFJファイナンシャルグループ

※通信状況により表示に時間が掛かる場合があります




銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 土日休日審査対応
▼ 銀 行
低金利
重視

普 通

低 め

会社による
▼ 消費者金融
スピード重視

早 め

高 め

ほぼOK

※こちらは業界全体のタイプ別一覧です。会社によって詳細が異なりますので、ご利用の際には個別にご確認下さい


お金を借りる前に

はじめて80万円借りる方へ

契約内容を理解できましたか?無理なく確実な返済が可能ですか?
不安がある場合は1人で悩まずに早めに身近な人や、国民生活センター、クレジットカウンセリング協会等に相談しましょう。

80万借りれるカードローンの特徴

お金を借りる方法はいくつもありますが、カードローンには多くのメリットがありますので、おすすめの借入方法です。
カードローンは主に、低金利な銀行カードローンと即日融資の消費者金融カードローンがあります
保証人不要、担保不要で80万円借りれる
スマホ、パソコンからインターネットで24時間365日いつでも申し込める
利用限度額の範囲内で何度でもお金を借りれる
低金利なら銀行などの金融機関カードローン、即日融資なら消費者金融カードローンと用途で業者を選べる
利息は日割り計算なので無駄がない
返済日を待たずに自由に一部返済や全額一括返済ができる
初期費用や年会費などの余計な費用がかからない

銀行カードローンの特徴とは

低金利な銀行のカードローンの特徴をチェック!

銀行カードローンのメリット

低金利でお金を借りることができる
信頼感や安心感がある

銀行カードローンのデメリット

審査が厳しい
審査に時間がかかる
基本的に口銀行座開設が必要

銀行カードローンでの借り入れについて

総量規制の対象外である銀行カードローンは、2016年頃から貸付金額の増加(過剰貸し付け)により債務整理や自己破産に陥る人が増えたため、金融庁の厳しい指導が入りました。 そのため、今まで以上に審査が厳しくなり、また、時間をかけて慎重に審査が行われるようになったため、今すぐ80万円借りたい場合には向いていない借入方法となります。

銀行カードローンに向いている方

・初めてお金を借りるなどで審査に自信がある方
・他社借入件数がない方
・高額借入で借入金額が大きいので低金利で80万円借りたい方
・長期借入で利息支払いが長引く方
・時間に余裕がある方

【結論】 急いでいる時の借入なら銀行は不向きです!

消費者金融カードローンの特徴とは

平日だけで半年土日休日も申し込みから最短1時間融資OKなど、即日借入可能で有名な消費者金融のカードローンの特徴をチェック!

大手消費者金融のメリット

審査回答最短30分や最短1時間融資など、即日融資で契約申込当日での借り入れができる
大手消費者金融なら、初めての借入で30日間無利息、金利0円でお金を借りれる
口座開設不要でお金を借りれる
少額キャッシングなら運転免許証などの本人確認書類だけでカードローン契約できる
銀行審査に自信がない人でも申し込める
独自のキャンペーンやサービスがある

大手消費者金融のデメリット
銀行と比べて金利が高いので長期借入や高額借入に向いていない

銀行系消費者金融とは
銀行系の消費者金融とは、グループ会社、関係会社、親会社などが銀行グループなどの会社となり、銀行系ならではの安心感や信頼感がありながら、消費者金融の最大の特徴でもある即日融資に優れている業者になります。
急にお金が必要になって今日中にお金を借りたいけど、知らないところからは借りたくない。名前が通っている安心感のある会社や金融機関からお金借りたい!という方は、プロミス、アコム、SMBCモビットなどの安心大手の銀行系消費者金融からの借入を検討すると良いでしょう。

総量規制とは
総量規制とは、貸金業者に関する規制などを定めた貸金業法で定められているもので、年収などを基準として、原則として収入の3分の1を超える新たな借り入れができないものです。
消費者金融での借入や、クレジットカードのキャッシング枠もこの総量規制の対象となりますのでご注意ください。
80万借りるなら240万の年収が必要
消費者金融カードローンで今すぐに80万借りる場合、総量規制の対象となるため、80万円×3=240万円の収入が必要となります。
たとえば、年収が200万円だった場合は、借入限度額は約66万円となりますので、消費者金融で66万円借りて不足の14万円はバイトや副業で稼ぐなど、工夫しましょう!

代表的な大手消費者金融とは

大手消費者金融から中小の消費者金融まで、さまざまな業者がありますが、安心して利用できるのが大手消費者金融です。

大手消費者金融の特徴

・審査回答最短30分と審査スピードが速くすぐに審査結果を確認できる
・最短1時間融資も可能で融資速度が早く即日借入期できる
・テレビCMでおなじみ!知名度がある
・はじめての利用で最大30日間無利息(無金利)などお得なサービスが充実
・銀行のグループ会社や関連会社で安心感がある業者
・東証一部上場など信頼感がある会社
・貸付実績があり融資速度が速い
・スマホアプリやチャットサービスなどが充実している

代表的な大手消費者金融


SMBCコンシューマーファイナンスの【プロミス】

プロミスから80万円借りるにはこちらをチェック!
プロミスで初めてお金を借りる方は、メールアドレス登録とWeb明細登録で30日間無利息サービスが受けられるなど、お得なサービスが充実しているプロミス。
生年月日・年収・現在のお借入れ金額とたった3項目の入力で契約申し込み前に借入可能かどうかを診断できる“お借入シミュレーション”、女性専用ダイヤルの“レディースコール”もあり、初心者や女性に優しいキャッシングが魅力的です。
プロミス 80万円借りる方もスムーズに借り入れできます。

・30日間無利息サービスあり
・審査回答最短30分&最短1時間融資
・プロミスATM&三井住友銀行ATM手数料無料
・プロミス×三井住友VISAプリペイドカードが利用できる
・プロミスカード会員限定優待サービスが充実「おとくらぶ」
・プロミスポイントサービスがあってお得
・カード発行不要でカードレスキャッシングが可能
・レディースキャッシングなど女性向けサービスが充実(レディースコール)
・公式スマホアプリが充実
・最低借入額がないので\1,000や\10,000でも借入できる
・土日休日でも新規申込可能で審査対応をしている

プロミス ワンポイントアドバイス

プロミスの返済計画について
プロミスで80万借りる際に、毎月1万円ずつ返済していったら何ヶ月くらいで返済が終わるのか?または12か月で返済を終わらせる(完済する)には、元金+利息も含めて、毎月支払う返済額はいくらか?など、あらかじめ返済計画を立てたい方は、プロミス公式サイトにある「プロミス 返済シュミレーション」で確認をすると便利です。
また、プロミスの返済額を変更する際には、プロミス店頭窓口(店舗窓口)であるお客様サービスプラザなら、スタッフに返済計画を相談しながら返済額の変更も可能です。
プロミス借入残高の反映について
プロミスで返済をした際に、すぐにプロミスの借入残高へ反映されないケースがあります。
すぐにプロミスの返済額が減らない!と気になる方は、引落日当日に即日反映する三井住友銀行やジャパンネット銀行で返済をすることで、引き落とし日当日に返済が反映されます。

引落日当日に返済が反映する金融機関:三井住友銀行、ジャパンネット銀行
引落から3営業日後に返済が反映する金融機関:その他の金融機関

>>「プロミスで80万円借りる」 詳細はコチラ


三菱UFJフィナンシャルグループの【アコム】

アコムから80万円借りるにはこちらをチェック!
年齢・年収(総支給額)・カードローン他社お借入状況の入力だけで、契約申し込み前に借入可能かどうかをすぐに診断できる“3秒診断”、初めてお金を借りる方でも簡単に手続きができるよう動画などで詳しい説明が見られる“アコムナビ”、スマートフォン用アプリなど、インターネットでの契約手続きやサービスに力を入れているアコムは80万借りたいときでもスムーズです。

・30日間金利0円サービスキャンペーンあり
・審査回答最短30分&最短1時間融資
・楽天銀行に口座があれば24時間最短1分振込が利用できる
・振込キャッシングの手数料が無料
・はじめて借入するお客さまは振込実施時間を延長
・レディースキャッシングなど女性向けサービスが充実(女性専用ダイヤル)
・アコムのクレジットカードがある
・公式スマホアプリが充実
・最低借入金額は\10,000からなので少額キャッシングにも向いている

アコム ワンポイントアドバイス

アコムの返済計画について
アコムの公式サイトにある返済シミュレーションを利用すれば、たとえばアコムから80万借りるときの月々の返済額(元金+支払利息)や、アコムで50万円借りたときの月々の返済額など、ご希望の借入金額での返済シミュレーションの結果が確認できるので、返済計画も立てやすくたいへん便利です。 また、総返済予定額もアコムの返済シミュレーションで簡単に確認できますし、より具体的な確認や相談であれば、通話料金無料のフリーコールや店頭窓口・店舗窓口でも、スタッフに相談できますので、アコムであれば返済のメドが立たない恐ろしさがある…といった心配も不要です。

アコムでおトクな返済のコツ
アコムで80万円借りるときには、月々で固定の返済日は決まっていますが、利息計算は日割りで行われるので、アコムの返済を一括で行うことで、この先数ヶ月や数年かけて返済する予定だった残っている分の元金に対する利息も少額で済むため、結果的に無駄な利息を支払わずに済みますので、たいへん節約になります。
アコムの残債務金額とは、現在アコムから借入しているお金でまだ残っている債務の金額ですが、一部繰上返済や全額返済をするにあたって、アコムの今現在の残債務や元金と利息を含めた返済額を確認するには、店頭窓口(店舗窓口)、公式サイトの会員サイト内にログインして確認する、アコムのフリーコールに電話をして確認するなど、さまざまな方法で確認することができます。
手持ちのお金に余裕がある方は、アコムで少しずつ返済をするよりも、一括でガツンと返済をしたほうが装支払利息額も少なく、オトクに返済できます。

>>「アコムで80万円借りる」 詳細はコチラ


東証一部上場の【アイフル】

アイフルから80万円借りるにはこちらをチェック!
初回最大30日間利息0円サービスキャンペーンもありオトクに借入でき、申込前に融資可能かどうかの確認ができる1秒診断があるので、アイフル 80万借りたいと思っている方でも気軽に事前チェックできるアイフル。
カード発行不要でカードレスキャッシングが可能なので、ローンカードを持ち歩くわずらわしさもなく便利です。よくある質問だけではなく、独自サービスの会話ロボットに直接疑問点を質問できるので、アイフルで30万借りるときの疑問点なども即時に問題解決できます。

・最大30日間利息0円サービスキャンペーンあります
・審査回答最短30分&最短1時間融資
・融資可能かどうかの1秒診断がある
・カード発行不要でカードレスキャッシングが可能
・疑問点は会話ロボットの「ルフィア」に気軽に質問できる
・レディースキャッシングなど女性向けサービスが充実(レディースアイフル「SuLaLi」)
・公式スマホアプリが充実
・ローンカードのデザインがオシャレで綺麗
・最低借入額がないので\10,000など少額キャッシングも可能

アイフル ワンポイントアドバイス

アイフル最低返済額について
アイフルの最低返済額は、利用者の借入残高や返済日によって変わりますが、あらかじめ決まっています。
定められた最低返済額以上であれば、毎月いくらずつ返済しても返済遅延とはならず問題ありませんが、毎月この最低返済額ギリギリで返済していった場合、完済(返済が完了する)までの年数がものすごくかかってしまうため、余計な利息を支払うハメになります。
返済期間が長くなるということは、それだけ無駄に支払う利息が増えることになりますので、最低返済額の金額に関わらず、余裕ができたら一部返済や一括返済などで、どんどん返済していきましょう!

>>「アイフルで80万円借りる」 詳細はコチラ


今すぐに80万円借りる方法

今日80万円が必要になった場合に、すぐ現金を引き出すには、事前にキャッシング機能が付いているカードローンに申込んでおくと、イザ!今すぐにお金が必要になった時に、お近くのATMなどでお金を引き出すことが可能です。
けれど、なかなかそんな準備はできませんよね・・・。事前に申込んでいないけれど、今すぐに80万円借りたい!と思った時にどうすればよいのか、分からない方も多いかと思います。そんな時に重要になるのが、融資スピードです。

今すぐ80万借りるためのポイント

・審査スピードや融資速度が速い業者を選ぶ
・土日祝日(祭日)休日でも審査をしている会社を選ぶ
・大手で対応力がある業者にする
・スマホやパソコンから24時間申込可能なカードローンを選ぶ
・あらかじめ必要書類(本人確認書類+収入証明書)を準備しておく
・カードローン契約の流れをチェックする

50万円を超える場合の必要書類
消費者金融カードローンでお金を借りる際には、基本的には本人確認書類での契約で済みますが、借入希望金額が50万円を超える時点で、収入証明書の提出も求められます。
収入証明書は、源泉徴収票などのわりと一般的な書類となりますが、事前に用意しておくと便利です。

⇒必要書類について詳細はこちら

【結論】 即日融資で今すぐ80万借りるなら、大手消費者金融がベスト!

カードローンの金利と利息について

カードローンの金利は、銀行などの金融機関や消費者金融業者によって、設定が異なりますので、当然、利息も変わってきます。
銀行は低金利だけれど審査が厳しく審査自体に時間がかかる、消費者金融は銀行と比べて金利は高いけれど審査が早く即日融資も可能など、借入先によって特徴が変わってきますので、ご自身の希望に合った業者を選ぶことが重要です。

カードローンの利息計算方法

利用金額×借入利率÷365日×利用日数=支払利息

※うるう年の場合は366日で計算します
※1円未満は切捨てとなります

30日間80万円借りたときの各社金利

会社名 適用金利 30日間の利息
プロミス 17.8% 11,704円
アコム 18.0% 11,835円
SMBCモビット 18.0% 11,835円
アイフル 18.0% 11,835円
じぶん銀行 17.5% 11,506円
三菱東京UFJ銀行 14.6% 9,600円
三井住友銀行 14.5% 9,534円
※金利には幅がありますが、50万円や80万借りる際の利子計算をする場合、多くの消費者金融では18パーセントでの利息 計算となります。

無利息サービス・金利0円キャンペーン

プロミス、アコム、アイフルなどの大手消費者金融なら、初めてのサービス利用で一定期間の無利息キャッシングが可能な無利息キャンペーンや金利0円サービスがあります。 各業者を初めて利用される方で、短期借入の方などは30日以内に返済すれば実質無金利キャッシングも可能など、たいへんお得なサービスとなっていますので、ぜひご利用ください!

会社名 無利息期間 条件
プロミス 初回借入日から30日間無利息 メアド登録/Web明細利用にする/プロミスを初めてご利用の方
アコム 契約翌日から30日間無利息 アコムを初めてご利用の方
SMBCモビット 無し -
アイフル 契約翌日から30日間無利息 アイフルを初めてご利用の方
じぶん銀行 無し -
三菱東京UFJ銀行 無し -
三井住友銀行 無し -

無利息借入ならプロミスが良い理由
プロミス:初回借入日から30日間無利息
アコム、アイフル:契約翌日から30日間無利息

アコムやアイフルは「契約翌日から30日間無利息」なので、例えば契約日の翌日より23日経ってから借り入れをした場合には残り7日間のみが無利息期間対象となります。
プロミスなら、契約日の翌日より23日経ってから借り入れをした際にも「30日間無利息キャッシング」が可能ですし、先にカードローン契約をしておいて必要になったらお金を借りる場合でも、「初回借入日から30日間無利息」なので非常にお得にお金を借りることができます。

金利 引き下げについて

プロミス、アコム、SMBCモビット、アイフルなどのカードローンで今すぐに80万借りる場合でも、少しでも低金利で借りたいですよね。そんなときに有効なのが、金利の引き下げです。
たとえば、実際の借入金額は80万円だったとしても、借入限度額が80万円の場合、借入限度額が100万円で金利計算をする場合、限度額が200万円で金利計算をする場合とでは、適用される金利自体が違ってきます。
つまり、同じ80万借りるのでも、実際に支払う利息が変わってきますので、「自分は80万円しか借りないから限度額は80万ギリギリで良い」ではなく、可能であればできるだけ高額な限度額でお金を借りるほうが有利です。
また、いきなり高額の借入限度額を狙っても思い通りにいかず今すぐに限度額が上がらなくても、地道に借入実績や利用実績を積み上げていけば、定期的に借入限度額の引き上げの相談もできますので、金利を引下げるために借入実績を増やして、定期的にフリーコールや店頭窓口(店舗窓口)で金利 引き下げについて相談していきましょう!
なかには、メールや電話にて金融会社側から借入限度額の引き上げの案内を受けることもあるので、業者からの営業を読み流さずに、しっかりと対応してきましょう。

カードローン利用の流れ

提携コンビニATMで24時間現金引出OK!カンタン3STEPでカードローン契約をすれば、コンビニからいつでも気軽にお金を借りれます

(1)スマホやPCから24時間インターネット申込
(2)審査&審査回答
(3)契約&ATMですぐ借入

カードローン申込条件

申込時点で年齢が満20歳以上の方 ※
安定的で継続的な収入がある方
日本国内に居住していること
※上限年齢の設定は業者により異なります

アルバイトやパートでも申込OK

カードローンの申し込みに際して、パートやアルバイトの方が申し込みできるのかといった質問や疑問を耳にしますが、問題なく申し込めます。
正社員じゃなくても、フルタイム勤務じゃなくても、パートやアルバイトで継続的に収入を得ていることで、カードローン審査の申込をすることができます。

カードローン必要書類

カードローン契約の際に必ず必要となるのが運転免許証などの本人確認書類ですが、借入希望金額によっては収入証明書の提出が必要となる場合がありますので、スムーズに審査を進めるためにあらかじめ用意しておくと安心です!
特に、借入希望額(借入限度額)が¥500,000以下のご利用の場合は免許証などの顔写真入りの身分証明書などのみで契約手続きが可能なことが多いのですが、¥500,000を超えると収入証明書の提出を求められることがあります。

本人確認書類

・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード
・在留カード
・特別永住者証明書
・そのほか、住所、氏名、生年月日が記載されている顔写真つきの公的証明書類
・健康保険証+補足証明書1点

本人確認書類の補足資料
・住民票
・納税証明書
・電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話の領収書は不可)、NHKなどの公共料金の領収書のうちいずれか1つ

※顔写真つきの証明書を所持していない場合や、証明書に記載の自宅住所と現在お住まいの自宅住所が異なる場合には、発行日から6ヶ月以内の補足書類(「お客様氏名」および「現在の住所」の両方が記載されているもの)の提出が必要です

収入証明書類

・源泉徴収票(公的年金等の源泉徴収票および退職所得の源泉徴収票を除く)
・直近2ヶ月分の給与明細書
・住民税決定通知書(特別徴収税額の決定・変更通知書)
・納税通知書
・確定申告書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・支払調書
・所得証明書
・年金証書
・年金通知書

※運転免許証のみでキャッシングをしたいなら、他社借入金額がないことを前提として¥500,000までの借入であれば、収入証明書類は不要です。

消費者金融の収入証明書類提出条件とは
銀行カードローンでも借入希望金額によって各行異なる収入証明書の提出条件がありますが、消費者金融では総量規制の関係もあり収入証明書の提出について一律条件が定められています。
消費者金融の利用に際しては、消費者の安全を守るため、貸金業法でしっかりと規制されており、貸金業法改正により個人の方の借入総額が原則として年収などの3分の1までに制限されるといった総量規制の対象であるため、下記の借入金額条件によって収入証明書の提出が必須です。
収入証明書類の提出条件
・ご希望のお借入れ額が50万円を超える場合
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える場合

必要書類提出のタイミング

本人確認書類や収入証明書を提出するタイミングはお申し込みのキャッシング会社によって異なります。
多くの業者のタイミングとしては、カードローン審査結果が出たあとに、審査が通ってカードローン契約手続きを行う際に、パソコンから必要書類をアップロードする、スマホで撮影した本人確認書類を送信する、自動契約機で提出するなど、さまざまな提出方法があります。

カードローン申込方法とは

スマホやパソコンから来店不要で24時間利用可能なインターネット申込
来店不要の電話申込み
自動契約機、無人契約機、ローン契約機からの申込
店頭窓口、店舗窓口申し込み
郵送申し込み

WEB完結申込なら来店不要で便利

スマートフォン、パソコン、ケータイから24時間申し込み可能なインターネット申込なら、来店不要で誰にも会わずにスムーズに申し込み可能です。
また、審査回答後の契約手続きもネットから必要書類をアップロードするなど、来店することなく完結するので、借り入れも振込キャッシングにすることで誰にも会わずにお金を借りることができます。

WEB完結のメリットとは

・24時間いつでも申し込める
・来店不要で外出の手間がない
・人に会わずに申し込める
・自宅や会社人郵便物が送られてこない

借入方法・お金の引き出し方

有人店舗、自動契約機や無人契約機内に備え付けの店舗ATM
提携銀行ATM
提携コンビニATM
指定口座への振込キャッシング

プロミスで即日振込

プロミスの瞬フリで振込キャッシングを行うと、平日の夕方や深夜早朝はもちろん、土曜日、日曜日、祝日(祭日)などの休日でも、受付から10秒ほどで振込キャッシングが可能です。

カードローン返済方法・お金の返し方

指定口座への振込返済(インターネット返済)
指定口座からの引き落とし返済
店頭窓口、店舗窓口での返済
ATMや提携ATMなどでの返済

返済漏れや返済忘れに注意

カードローンでは毎月、基本の返済日が決まっていますが、その返済日に返済できない場合には「遅延利息」や「遅延損害金」が発生します。
うっかり返済日を忘れないために、返済日や返済スケジュールに注意しましょう。

・公式サイトの会員ページにログインしてこまめに返済日や返済金額を確認する
・「返済日お知らせメールの配信設定」をして返済日前に通知や連絡が届くようにする
・返済額などを見直したいなら公式サイトの返済シミュレーションでチェックする

遅延損害金の計算方法

残高×遅延損害金年率÷365日×期限の利益の喪失日の翌日からの経過日数

※うるう年は366日

一部返済や一括返済で利息を減らす

カードローンのメリットのひとつが、固定で決められた返済日のほかにいつでも自由に一部返済や全額一括返済ができる点です。
たとえば、80万キャッシングして、まとまったお金が50万手元に入ったら、事前の相談や返済予約などもなくいつでも気軽に返済できるので、結果的に元金が減って支払う利息も少なくなります。

カードローン以外に80万借りる方法

お金を借りる方法は様々ですが、今すぐ80万必要になったときや今日中に80万借りたい時に、みなさんには「80万 貸して」と気軽に頼める人はいますか? 少額でちょっとした金額であれば友達くらいでも借りれるかもしませんが、今すぐ80万円借りるともなると金額も大きいためなかなか相談しにくいのも実情です。
クレジットカードのキャッシング機能でお金借りる
質屋に貴重品を預けて今すぐに80万円借りる
親や身内からお金を借りる
友人知人からお金を借りる
会社から今すぐに80万円借りたい
国や自治体から今すぐ80万借りたい

クレジットカードのキャッシング機能でお金借りる

クレカを持っている方で、付帯機能であるキャッシング機能がすでに備わっている方は、クレカキャッシングも便利ですが、ショッピング枠とキャッシング枠との合計が利用限度額の範囲内となりますので、利用可能金額にご注意ください。
まだキャッシング機能がついていない方は、改めてキャッシング利用の審査がありますので、実際にお金を借りるまでには時間がかかります。

質屋に貴重品を預けて今すぐ80万借りる

ブランドのバックや貴金属など貴重品があれば、質屋に担保として預けてお金を借りることができますが、期日までに借りたお金を返済できない場合には、預けたものは戻ってこないので注意が必要です。

親や身内から今すぐに80万円借りる

家族との関係性が良好であれば、親や兄弟姉妹などの身内からお金を借りるのが一番です。身内であるがゆえに、お金を借りる際の言い訳や理由を離したり、説得しなければいけませんが、審査もなく手軽な借入方法と言えます。

友人知人から今すぐに80万借りる

現実的に考えて、友達や知人からお金を借りるのは得策とは言えません。お金を借りると言う行為自体が、かなりの信頼がなければ成り立たないものですし、80万円ともなればそれなりの大金なので、簡単に借りれるものではありません。
また、「今すぐに80万円借りたい」と口に出した時点で、関係が壊れてしまう可能性もある点を考慮したほうが良さそうです。

会社から今すぐに80万円借りたい

会社からお金を借りる方法について、一定の条件を満たせば、お給料の金額の範囲内で前借りができる制度がありますので、まずは相談してみる価値がありますが、借入できる金額はあくまで稼ぐ金額の範囲内となりますので、80万円借りるのは厳しそうです。
また、お給料の前借り制度とは別に、福利厚生の一環として、会社独自に、社員に対して貸付制度がある会社もありますので、やはり一度、会社の人事部の担当者さんに相談してみましょう。

国や自治体から今すぐ80万借りたい

国や自治体の融資制度(公的貸付)を利用してお金を借りる方法があります。
国の貸付制度には、生活福祉資金貸付制度といったものがあるので、低所得者世帯、高齢者世帯、障碍者世帯の方などは、安全にお金を借りれる方法でもある公的貸付制度を検討してみましょう!
ただし、国や自治体からお金を借りるには手続きに時間がかかるため緊急時には向いていないのと、提出書類が多いことがデメリットとしてあげられますので、時間的な余裕を持って対応することが大切です。

お金を借りる以外に80万用意する方法

今すぐに80万借りたいときにお金を借りる以外でもオークションやフリマアプリなどで自分で80万円用意したり、自力で80万円作る方法、あるいはアルバイトや副業をして自分で稼ぐ方法もありますが、即日ともなると厳しい面があります。
即日で現金を用意するのは難しいので、計画性を持ってお金を貯めていくことをおすすめします。
アルバイトや副業で80万円稼ぐ
質屋に貴重品を売って今すぐに80万円作る
ヤフオクやモバオクなどのオークションサイトで80万作る
メルカリやラクマなどのフリマアプリで不用品を売って40万稼ぐ

80万円必要になったら 豆知識

急な出費が発生して「今すぐに80万円借りる」となったときに、あなたならどういった方法でお金を借りますか? 時間的な余裕があるなら低金利でお金を借りる方法がベストですが、今日中に80万円借りたい! 今すぐに八十万円必要!など急いでいるなら即日融資ができるキャッシングでお金を借りるなど、お金を借りる方法も考えていかなければいけません。
特に、今すぐにお金を借りたいときには、50万円を超える借入金額の際に提出書類が増えてしまうことが、ネックとなってしまいます。 通常の身分証明書以外の『収入証明書』の提出が必要となる50万円以上の借り入れの場合には、キャッシング業者についても、注意をしたほうが良いかもしれません。 こちらでは「今すぐに80万円借りる」ときにも役立つ、提出書類の少ないお手軽即日キャッシングについて、ご紹介していきます。

50万円を超える借り入れ金額の際には収入証明書が必要

50万円を超える金額をキャッシングする際には、金額の大小に限らず必ず提出しなければならない『身分証明書(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)』の提出のほかに、多くのキャッシング業者で『収入証明書類(源泉徴収票や確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)、納税証明書その1&その2(個人事業者の方)、住民税決定通知書など)』を提出することを、借り入れ条件をしていることをご存じでしょうか。
簡単に用意できる書類ならまだ良いのですが、時間制限のあるなかで、役所などに出向いて準備しなければならないような書類を用意するのは、手間もかかります。 そんなときには、手間も時間も減らせる“借入金額が50万円を超えても収入証明書の提出不要”なキャッシングがお勧めです。

個人間融資や闇金融業者に注意

お金を借りる際に、審査が厳しい!カードローン審査に落ちる!といった点を懸念して、個人間融資掲示板などでお金を借りる方が増えています。
個人間融資掲示板と言えば、ツイッター、フェイスブック(Facebook)、インスタグラムなど様々な媒体で、個人間でのお金の貸し借りといったイメージがありますが、実は、悪質な闇金融業者(ヤミ金、闇金)が紛れている実態があります。
闇金融業者から借り入れを行うと、思わぬトラブルに巻き込まれて、取り返しのつかない事態になりかねませんので、絶対にお金を借りてはいけません。
万が一、すでに闇金からお金を借りてしまった方は、すぐに弁護士の無料相談などに相談して早期解決しましょう!
闇金融業者(ヤミ金)の特徴
・財務局や都道府県に対して貸金業としての登録を行っていない違法な貸金業者
・出資法に違反する高金利で貸し付けを行う
・返済できない時に無理な取り立てをこなう
・極甘審査ファイナンスとしてお金を借りれない人に貸付を行う