メガバンクとは

日本のメガバンクが出来るまでの状況とその後

昭和の時代には、大手と呼ばれる銀行が20行、更に都市銀行が13行ありました。
東京や大阪などの大都市圏での業務が多かったのですが、1990年代に起きたバブル崩壊と共に、多くの銀行も危機に曝されることになり、合併する銀行が増えたのです。
それは、多額の不良債権を抱えたことで、経営を直撃することになり、相当額の公的資金が各行に投入されました。
その中で各行は、生き残り戦術を働かせ、規模拡大と共に収益の向上を目指しこの大きな合併劇が始まりました。
そこで出来あがったのがメガバンクと呼ばれる巨大銀行です。
それは2000年に誕生した「みずほ」が始まりでした。
その後次々と合併が始まり「UFJ」とか「三菱東京」更には「三井住友」などのメガバンクと言われる銀行が誕生したのです。
しかし大手行の合併はこれだけに終わりません。
「UFJ」と「三菱東京」が一緒になるなど、巨大バンク同士の合併も続きました。
現在では、「三井住友フィナンシャルグループ」「みずほフィナンシャルグループ」「三菱UFJフィナンシャル・グループ」の3大巨大バンクに修練されています。
このメガバンクと言う呼ばれ方は、日本国内独特のもので外国では通じない言葉になっています。
またこれら巨大バンクは、みずほ銀行以外、各県の多くに未出店と言う状態です。
それだけ顧客は大都市周辺での企業であり、地方の顧客は地方銀行に任せると言う顧客分けにもなっているのです。
また世界各国でも銀行の再編が進み、先進国あたりではどの国も大手行も数社に絞られる時代になりました。

関連ページ

便利なカードローン情報
ATMなどいつでも使える便利なカードローンについて詳しくご紹介しています ※PC・スマホ対応※