違いがある「プロパーカード」「提携カード」とは?

違いがある「プロパーカード」「提携カード」とは?

プロパーとは、自社という意味があります。
つまり、プロパーカードというのは、クレジットカードを発行する会社独自だけのカードであるということなのです。

そして、提携カードはクレジットカードを発行する会社と、他の企業や団体との提携により発行されるカードのことになります。
どちらもクレジットカードであることには、変わりなく買い物も同じくできるのですが、提携してあるカードが提携先とのコラボレーションをすることにより、年会費無料などの特典があるのに比べるとプロパーカードの場合は、そのほとんどが維持するための年会費を支払うものが多いです。 たとえ、千円前後だとしてもそれが高いか安いかは、個人により価値観が変わってきます。
たとえ、年会費を払っても良いので自分はプロパーなものを望む人もいるかもしれませんし、年会費を払わない方が魅力的だと考える人は、提携カードを所有すればいいのです。
ただ、この場合人の心理として一般的には人気が高いのは、年会費が無料なほうでしょう。

そういった人の心理が会社や企業にも影響を与えているのか、自社だけのカードよりも、何らかの企業あるいは団体との提携を行うクレジットカードが増えてきています。
例えば、量販店やデパート、ガソリンスタンドなどもあり、今や多種多様な業者が参入してきている状況があります。
使う方でも、提携されることにより、使う場所や目的次第で多用できるバリエーションが広がるので、ありがたい面もあります。 どちらを所有するかは、どんな利用をするのかを考えてからにしましょう。

関連ページ

便利に使えるカードローンのメリットをチェック
カードローンのメリットについて詳しくご紹介しています ※PC・スマホ対応※