新生銀行カードローン レイクから80万円借りる

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%〜18.0% 限度額 500
万円
保証人 不要 口座開設 不要

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み

※ インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。


お電話による契約申し込み

自動契約機による契約申し込み

郵送による契約申込み


80万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 1〜500
万円
★★★☆☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆


すぐ借りるQ&A

円高によって起こるメリットとデメリット
円高とは「外貨に対する日本円の価値が上がること」です。 よく、経済ニュースなどで「ドルに対して円が高くなっている」といった言葉を耳にすることがあると思います。 これは「1ドル=100円」だったものが「1ドル=90円」となることを意味しており、簡単に言うと「1ドルを手に入れるために、100円必要だったのが、現在は90円で手に入る」ということを意味しています。 つまり、10円だけドルに対する価値が上がったということになります。 「円高」の特徴は「海外から入ってくるものやサービスを安く手に入れることができる」ということです。 また、「輸入企業に追い風になる」とも言われます。 これは「海外からの仕入れにかかる費用が通常よりも安く済むため」です。 逆に「海外の人からすれば、日本でモノやサービスを受けるためにいつもよりも高い金額を払わなければならない」という側面もあるということです。 そのため、同じ価値の商品を販売したとしても、j価格は円の価値が上がった分だけ「高い」ため、商品がなかなか売れなくなり、「輸出企業」にとっては逆風となるわけです。 そもそも、お金の価値は世界経済の状況によって影響を受けることが多く、「円の価値」が高くなれば、「他国の通貨の価値が下がる」ということも当然に起こりうるわけです。 つまり、「円高」になれば、「国内」に入ってくるものにとっては「有利」に働き、「海外」に出ていくものについては「不利」に働くということですが、これも一概にそうとは言い切れないのでご注意ください。